上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連カテゴリ:スポンサー広告
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスも含めて、香水の使い分けについて述べていこうと思う。


最近は男性用香水も種類が増え、香水を使用している方も多いのではないだろうか。


しかし、毎回同じ香水を付けている男性も多いのではないだろうか。


香水は様々な場面に応じて使い分けた方が良い。


使い分ける例としては日中に外出してデートを行う際や、夜にバーやクラブ等に行く際、さらには彼女や配偶者とドライブに行く際などだ。


簡単に場面ごとの香水の分別をすると、日中に外出する際は爽やかな香り、夜にバーなどに通う際等には大人っぽい香り、ドライブなどには男らしい香りなどに使い分けるといい。


次回からはこれらについてさらに詳しく書いていこうと思う。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
スポンサーサイト
前回の記事をさらに深く掘り下げていこうと思う。


まずは日中、外出してデートを行う際の香水選びについてだ。


彼女や配偶者と一緒に買い物をしたり、昼食を取る際にはシトラス系、またはフレッシュマリンなどがおすすめだ。


これらの香水は清潔な印象を相手に与えてくれる。


また、女性からも人気が高く、的外れな選択をしなくて済む。


香水についてあまり詳しくない方はシトラスやマリン等の香水から始めるといいだろう。


シトラス系香水の例を挙げれば、シャネルのプールムッシュ、サンローランのYSL プールオムなど。


また、マリン系の例を挙げれば、ジバンシーのウルトラマリン、アルマーニのアクアディジオフォーメンなどだろうか。


次回は夜のバーなどでおすすめな香水について述べていこうと思う。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
前回からの続きとなる。今回は夜のバーなど、雰囲気を大事にしたい場所で使いたい香水について述べていこうと思う。


夜のバーやクラブなどで女性とアルコールを楽しむ時には、大人っぽいオリエンタル系やウッディ系などの香水がおすすめだ。


これらの香水は大人っぽさやムードを高めるのに一役買ってくれることだろう。


例を挙げると、バーバリーのブリット フォーメン、ポールスミス メン等だ。


次に、ドライブや女性と部屋で過ごす際につけておきたい香水について述べる。


これらの場面は結構相手に香りが伝わりやすいので、香水がきつく匂ってしまいがち。


そこで、フゼア系などを使えば、きつく匂っても女性に爽やかで男らしい印象を与えることができる。

例えば、ドルチェ&ガッバーナ クラシック、ラルフローレンのポロ ブルーなどだろうか。


最近は男性の香水も多種多様を誇っている。是非場面ごとの香水を揃えたりして、香水を楽しんでいただきたい。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスだけでなく、香水を使用している方は多いと思う。


そこで簡単にだが、香水についての知識を提供しようと思う。


まずは、香水の種類についてだ。


香水は香料の濃度によって以下の4種類に分類される。


1 パルファン


濃度15~25%程度のもの、5~7時間程度持続する。


もっとも贅沢な香水の種類。香りも深い。


2 オー・ド・パルファン


パルファンよりも少し濃度が低めのもの。大体5時間程度香りを持続する。


パルファンよりも価格が手頃で種類も多いので、手を伸ばしやすい。


3 オー・ド・トワレ


香料の濃度は5~10%程度。3~4時間程度香りを持続する。


さわやかで、気軽に使える香水の種類。


4 オー・デ・コロン


濃度がもっとも少ない香水の種類。大体1~2時間程度香りを持続する。


初心者にも手が出しやすい。気楽に使えるものが多く、ユニセックスが多い。


次回へ続く
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
前回からの続きとなる。


香水についての基礎的な知識を提供している。


前回、香水の種類について述べた。


今回は経過時間に伴う香りの名称について、書いていこうと思う。


香りの種類は以下の3種類ある。


1 トップノート


香水をつけてから10分経過したころまでの香りのこと。


拡散しやすく爽やかなのが特徴。


他にピークとも呼ばれる。


2 ミドルノート


トップノート後から1時間経過したころまでの香りのことだ。


基本的に、香水の本当の香りはこのミドルノートと言われている。


濃厚な香りが特徴。


他にはブーケ、ハートノートとも呼ばれる。


3 ラストノート


ミドルノート以降の香り全般を指す。


これも濃厚な香りが特徴。


他にベースノート、フォンドノートとも呼ばれる。


私達はノートと言われると違うものを連想しがちだが、ここでいうノートとは、音楽用語のことだ。


次回へ続く。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
前回の記事の続きとなる。


香水の基礎知識について提供している。


今回は、香水の香りの系統について書いていこうと思う。


まずは、女性用の香水からだ。


女性用は3種類の系統を説明していこうと思う。(現在も系統は増えているので、実際にはもっと多い)


1 フローラル系統


主成分が花の香りを基調に作られた香水の系統。さらに以下のように分類される。


a フローラルグリーン


草のような香りを加えたもの。シャネルの19番、ディオールのタンドゥルプヮゾンなどが有名。


b フローラルフルーティ


果実の香り。種類は多く、様々な香りの香水がある。


c フローラルフレッシュ


フローラル系統の中では爽やかな香り。


フルーツ系の香料を加えている場合もあるので、フローラルフルーティと親戚のようなものもある。


スズランなどが使われることが多い。


ディオールのディオリッシモなどが有名。


d フローラルフローラル


花の香りが主体になっているもの。


e フローラルアルデヒド


合成香料アルデヒドを使いフローラル系の香りを出しているもの。


引火物であるアセトアルデヒドとは別物。


有名な香水がかなり多い。


シャネルの5番などもこれにあたる。


シャネルの5番はほとんどの方が聞いた事があるのではないだろうか。


f フローラルスイート


大人の女性らしい香りと言うべきか。


フローラル系とオリエンタル系の間の存在。


次回はオリエンタル系、シプレ系などについて。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
前回に引き続き、香水の基礎的な知識について提供していこうと思う。


香水の香りの系統についてだ。


まずはオリエンタル系の香りについて、述べていく。


オリエンタル系は東洋的で神秘的な香りだ。


以下の2種類に分類される。


a オリエンタルアンバリー


香水の中でもっとも濃厚と言われる系統。


アンバーやバニラ等の濃厚な香りを漂わせる。


ゲランの「ジッキー」「シャリマー」などがこれにあたる。


b オリエンタルスパイシー


オリエンタル系の中でも、スパイシーな香辛料のような香りを持っている系統。


イヴサンローランのオピウムや、シャネルのココ等が代表的。


次に、シプレ系統についてだ。


シプレ系の名前は、コティ社のシプレという香水をによる。


上品で、フォーマルな香りが特徴的。


シプレ系は、さらに以下の3種類に分類される。


a シプレフルーティ


濃厚かつエネルギッシュな香り。フローラルフルーティとは大分違った香りだ。


有名な香水としてイヴサンローランのイグレック、ジバンシーのトロワなど。


b シプレフローラル アニマリック


シプレ系のなかのフローラルを中心とした系統。カボシャールはこの系統になる。


c シプレフレッシュ


シプレ系統の香水の香りの中でも、濃さが薄めでな系統。


若々しさを感じさせる。シプレ系のなかでもっともクラシックな香りといえる。


次回は、男性用の香水の系統について述べていく予定だ。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
男性の香水の基礎知識について述べていこうと思う。


ポールスミスだけでなく、他の香水を購入する際などに参考にしていただきたい。


今回は男性用香水の香りの系統についてだ。


香りの系統は以下の三種類を中心に分類される。


1 フゼア系


エネルギッシュで男性的なイメージの香りが特徴的。


初めてのフゼア系香水はウビガのフゼアロワイヤル。


もともとは女性用だったが、現在は男性用として普及している。


フゼア系はさらに以下の3種類に分類される。


a フゼアラベンダー


ラベンダーを基調とした香りのものを指す。


b フゼアフレッシュ


爽やかさを強調した香りで最近の男性用の香水に多く見られる系統。


ダビドフのクールウォーター、シャネルのエゴイストプラチナムなどが代表的。


c フゼア ウッディアンバーリー


フゼア系のなかでも甘さと上品さの面を強めた系統。


ダンヒル、イブサンローランのクーロスなどがこの系統にあたる。


次回は男性香水のオリエンタル系統についてだ。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
前回からの続きとなる。男性用香水の香りの系統を説明している。


今回はオリエンタル系についてだ。


過去男性用香水に甘さやスパイスの香りは必要とされていなかったので、オリエンタル系が男性用として登場したのは比較的最近のことだ。


オリエンタル系は以下の二種類に分類される。


a オリエンタルスパイシー


スパイシーな香り。刺激的、挑発的と形容するのが相応しい香りだ。


エルメスのエキパージュ、シャネルのエゴイストなどがこの系統に分類される。


b オリエンタルアンバーリー


甘い香りのオリエンタル系。アンバーグリスやバニラが使われている。


ゲランのアビルージュ、ジャンポールゴルチェのルマル等がこの系統にあたる。


次はシプレ系についてだ。


フゼア系と並んで多いのがシプレ系だ。柑橘系の香りが多い。


刺激的かつ爽快感のある香りだ。フゼア系は以下の四種類に分類される。


a シプレウッディ


サンダルウッド、パチュリ等のウッディ系の香りを用いて作られている系統。


サンダルウッドはスパイシーだが落ち着いた香り、パチュリはオリエンタルのような香りだ。


ゲランのべチバー、ジバンシーのジェントルマンなどが代表格。


b シプレレザリー


まるでレザーのような渋みのある香り。ドライで非常に男らしい香り。


シャネルのアンテウス、エルメスのベラミなどがこの分類内。


c シプレフレッシュ


非常に爽やかな香り。刺激が多いのが特徴的。


マリンノートもこの系統に属する。


一例としてシャネルのプールムッシュ、ディオールのファーレンハイトなどが挙げられる。


d シプレシトラス


オーデコロンなどに使用されていることからわかるように、比較的軽く、爽やかな香り。


ディオールのオーソバージュ、ゲランのオーデゲランなどがある。


男性的な印象は少ない。男性色が強すぎる香りが駄目なかたにはいいかもしれない。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
今回は香水の香料について詳しく述べていこうと思う。

ポールスミスの香水に限らず、これの知識があると香水を選ぶ際などに使えるかもしれない。

香料は天然香料と科学的に作られた単品香料に分けられる。

まずは天然香料についてだ。天然香料は植物系と動物系に、さらに植物系は原料の部分によってさらに分類される。

1 果皮を利用した香料

a ベルガモット

ベルガモ地方原産の柑橘が使用されている。

柑橘系だがかなり甘さと温かみがある点が特徴的で、刺激も強い。

b マンダリン

オレンジに近い柑橘果物。甘さの香りが独特。

c レモン

ご存知の果物。説明は要らないかもしれない。酸味が強い。

d グレープフルーツ

レモンと同じく馴染み深い果物。レモンよりは甘い香り。

次回は果実を原料にした香料についてだ。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
香水の香料に関しての基礎知識の続きだ。

これに詳しいと、香水を買う際等にだいたいの香りを知るのに使えるかもしれない。

ポールスミス以外にも、香水と関わる際に参考にしていただきたい。

今回は果実を使った香料についてだ。

果実を使った香料は、中心的な以下の4つを説明しようと思う。

a アニス

しそ科の植物。実は香辛料として使われている。

b コリアンダー

セリ科。香りは甘く、スパイスが効いている。

c レッドペッパー

ご存知唐辛子。香りも辛みがあり、スパイシーだ。

d バニラ

バニラエッセンスは料理でもおなじみ。らん科。

実から取ったエッセンスを使う。

次に、花を原料とした香料について。

花を原料とした香料は主な5種類について説明する。

a ローズ

バラ。昔から香水として使われてきた、香料の代表格。

甘く、深い香り。スイートローズ、フレッシュローズなど、ローズの種類によって香りが違う。

b ジャスミン

これも聞きなれた花だと思う。

甘く、リラックス効果の高い香りが特徴。

c ラベンダー

これも有名な花。シソ科。

爽やかで少し甘みのある香りだ。フゼア系でよく使われる。

火傷に対して効果があるといわれ、アロマテラピーなどにも使われる。

d ネロリ

ミカン科。柑橘系の香り。

e リンデン

菩提樹科。香り軽い。甘さとスパイシーを兼ね備えた香り。リラックス効果がある

次回は蕾や種子などを使った香料についてだ。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
香水の香料についての基礎知識についての続きだ。

これを知ると、香水と関係を持つ上で、役に立つ時があるかもしれない。

今回はつぼみを使った香料についてから。

つぼみを使用した香料は、以下の1種類が中心。

a クローブ

フトモモ科。香りはスパイシーで刺激的。

次に、木部を使用した香料について。

木部を使用した香料は以下の3種類が中心。

a サンダルウッド

ビャクダン科。香りは甘く、スパイスが効いている。

高級扇子などの材料にもされている。

b シダーウッド

ヒノキ科、松科。ウッディで乾いた香り。

c ローズウッド

クスノキ科。名前の通り、ウッディだがローズ系の香りに近い。

次は葉を使用した香料についてだ。ハーブ等でおなじみのものも多い。

代表的な葉を使用した香料は、以下の5種類だ。

a セージ

シソ科。香りは集中力を高める効果がある。デスクワークなどで使いたい。

b プチグレン

ミカン科。リフレッシュできる香り。ストレス、疲労回復に効果があるようだ。

c バジル

シソ科。香りはスパイシー。

d パチュリ

シソ科。ウッディ系でどことなく土っぽい独特な香り。

e シナモン

お馴染みのシナモン。くすのき科。

スパイシーだが少し甘みを含む香り。葉だけではなく樹皮も利用する。

次回は動物系、そして単品香料などについて述べようと思う。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
香水の香料の基礎知識についてだ。

これを知っていると香水と関わる際に役に立つかもしれない。

ポールスミス以外の香水でも、是非利用していただきたい。

今回は動物系香料についてからだ。

動物系香料は以下の3種類が中心。

a ムスク

じゃこう鹿の分泌物。暖かい香り。香料の他にも薬用に使用されたりする。

b シベット

ジャコウネコの分泌物。上品で動物的な香り。

c アンバー

琥珀のこと。まっこうくじらの腸にできた結石。香りは色々だ。

次に、科学的に作られた単品香料についてだ。

単品香料は主に以下の6種類がある。

a アルデヒドC9

力強い花様のあるワックス系統の香り。

b アルデヒドC10

力強い香り。やや甘い柑橘系。

c アルデヒドC11

ローズ系だがグリーン系のような香り。

d アルデヒドC12

松葉、青草に少しワックス系の要素が加わったような香り。

e アルデヒドC12 MNA

あまり甘くない果実系の香り。

e メントール

同じ単品香料だが一応メントールは上のアルデヒド系とは別に分類される。

結構おなじみの香りだろう。爽快感が高い。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
香水の基本的な付け方について述べていこうと思う。

もちろん、ポールスミスの香水だけでなく、全ての香水共通の内容だ。

自分のこだわりがある方は、読む必要は無いかもしれない。

まずは香水の季節について。

基本は甘い香りや重い香りは秋と冬、軽い香りは春と夏に向いている。

系統で言えばオリエンタル系は秋と冬向き、フローラル系、フゼア系などの中でもフレッシュな香りは春と夏向きだ。

次に付ける時間について。

一般的にはトップノートの香りは強いので、トップノートでは人と会わない方がいいと言われている。

だが、満員電車に乗る直前に香水を付けたりしなければ、これは気にしなくてもいいだろう。

基本は出かける30分前程度に清潔な肌に付けていれば大丈夫だろう。

なお、香水は清潔な肌に付けるようにしよう。

その方が正確な香りが出やすい。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
香水の基本的な付け方について。

もちろんポールスミス以外にも通ずる内容だ。

今回は香水を付けるTPOから。

基本的に食事を中心としたイベントには香水を付けない方がいいだろう。

料理の匂いと混ざって、料理も不味くなるし香水の香りも魅力的な香りではなくなる。

葬式も付けるのを避けた方がいい。

他にも、香水を付けない方がいい場面があるので、その場の雰囲気で判断したい。

次に香水の付ける量について。

フラコン、オードパルファンは香りが強めなので1プッシュ前後が妥当な量。

オードトワレとオーデコロンは大体2プッシュ前後といった所だ。

個々の香水の強さと、個人の好みによって微妙に調整していただきたい。

香水を付けるときには、こすらずに体の各所で軽く叩くようにして付ける。

こすりつけたり、1箇所に付けすぎると香りが強くなりすぎて失敗しやすい。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
香水の基本的な付け方について。

もちろん、ポールスミスの香水以外にも通じる内容だ。

今回は香水の付け足しについてから始めようと思う。

香水はパルファン以外はほぼ一日中香りを続けるのは難しい。

そこで、アトマイザーなどを使って途中で付け足してもいいだろう。

その際に違う香水を使用する時は、同じ系統で前に付けた香水よりも重い香りのものを選ぶようにしよう。(基本的に軽→重)

次にメーカーのラインについて。

メーカーによっては香水と同じ香りのシャンプーや石鹸を出している場合がある。

これらも楽しんでもいいかもしれない。

シャンプー等でも同じ香りを使うことにより余分な香りが付かないで済み、正確な香水の香りを楽しむことができる。

次回は意外と気になっている人もいるかもしれない、香水を付ける場所について。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
現在基礎的な香水の付け方について、提供している。

勿論ポールスミス以外の香水であっても通じる内容だ。

今回は香水を付ける場所について。

意外と興味がある方もいるのでは無いだろうか。

基本的に、ヘビーな香りは下半身に、ライトな香りは上半身に付けるのがオススメだ。

重い香りは香りの飛びが遅く、持続時間も長いのでウエスト以下の部分に付けても十分香りを楽しむことができる。

首筋や鼻に近い部分に付けていると香りに敏感な人には強すぎて酔ってしまうかもしれない。

華やかな香りを満喫したい方は上半身に付けてもいいだろう。。

逆に軽い香りは飛ぶのが早い。

ウエスト以下にに付けたのでは満足する前に香りが消えてしまうかもしれない。

なので、ウエスト、手首、首筋などにつけるのがオススメだ。

なお、大きな血管の通っている箇所に付けると本来の良い香りを嗅ぐ事ができる。

血液が流れている箇所の方が暖かく、香水がよく拡がるからだ。

流石に、心臓の周辺等に付けると強くなりすぎてしまうかもしれない。

また、日差しの強い日に直射日光にあたる箇所に動物系の香水をつけていると、シミになる可能性があるので気をつけよう。

洋服に香水を付けるのはどうだろうか?

これについては次回にしたいと思う。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
現在香水の基礎的な情報について提供している。

勿論、ポールスミス以外の香水にも通じる内容だ。

今回は洋服に香水を付けるのはどうか、ということについて。

服に香水を付けることは、複数の香水を使用している方にはおすすめできない。

香水の香りは洗っても意外と完全に落ちない場合がある。

特に、シルクやカシミアなどの素材は香りが落ちにくい。

香りが残ってしまっている状態で違う香水を付けると香りが混ざってしまい本来の香りが楽しめなくなってしまう。

もし衣服に付けたいのであれば、下着や肌着などすぐに洗う物に付けるのがいいだろう。

肌着などの他にも、ハンカチ等に香水を染み込ませるのもお勧めできる。

余談だが、香水をルームスプレーとして使う際は少量を拡散させるのがいい。

ワンプッシュでも十分香りを持続してくれる。

また、ライトなどに付けるのもいいらしい。

ライトの熱で香りが強まるようだ。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
初めて香水を購入しようと思ったが、どの香水を選べばいいのかわからない…という方向けにある程度の基礎的な知識について提供しようと思う。

まず、香水を買いに行くのであれば、嗅覚の調子の良いときにしよう。

香水を販売しているショップはテスターを用意している場合が多い。

正しい香りを嗅いで、判断を誤らないようにしたい。風邪気味の日などは避けるようにしよう。

香水についてよくわからなければ、香水を使っていたり詳しい知り合いに付き添ってもらうといい。

次に、初心者には少々わかりにくい、男性用と女性用の区別について。

DONNA,FEMININE,FEMMEが女性用
UOMO,MASCURINE,HOMMEが男性用となっている。

最近は香水のユニセックス化が進んでいるので、この区別は参考程度でいいだろう。

女性が男性用香水を選ぶのであればあまり気にする必要は無いが、男性が女性用香水を選ぶ際には慎重に事を進めたい。

男性がフローラル系統などの香水を使いこなすことは難しいからだ。

テスターなどでよく確認したい。


関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
前回に引き続き、初めて香水の購入を考えている方向けに、香水を選ぶ際の基本的な知識について提供している。

今回は、まずテスターについてから。

香水販売店であればテスターが置いてある場合が多い。

テスターを付けた直後は香りが強くむせてしまうので、少し時間を置いてから香りを確かめよう。

ビンに綿を入れてあるテスターが置いてある場合もある。

これだと、本来の香りがわかりづらいので注意しよう。

次に、香水を使う季節を考えたい。

できれば、春夏用の香水と秋冬用の香水の2種類は用意したい。

春夏は爽やかな香り、秋冬には甘いタイプの香水がおすすめ。

店頭に並ぶ時期を見て、参考にするのもいいだろう。

香水の色で表面的にだが香りを判断することもできる。

濃い色や赤い香水には香りが刺激的、白色や緑色などの香水の香りは、落ち着いた香りである傾向がある。

香水を選ぶ一つの基準としたり、テスターを利用できない場合などには参考にしてもいいかもしれない。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
現在、香水の選び方がよくわからないという方のために、基礎的な香水の選び方について述べている。

今回は自分に合う香水の選び方について。

まずは香水の第一印象を調べる。

トップノートの香りが印象のいいものを探そう。

テスターをうまく利用しよう。

次には、香水のトップノートが気に入ったものが見つかったら、ミドルノートについて調べてみよう。

テスターを実際につけてみて、1時間程度経過した時点の香りを嗅いでみる。

ミドルノートは、香りの中心となるのでこれを調べるのは非常に大事な作業だ。

テスターを付けてから1時間待つのは大変だが、行う価値はあるだろう。

次に、センスのいい香水の選び方について。

一つ、質問なのだが皆様はどんな人からセンスがいいと思われたいのだろう?

おそらく、大部分の方が異性だと答えると思う。

ならば、センスのいい香水を選ぶのであれば、異性に選んでもらえばいいだろう。

異性が気に入った香水を買えば異性からセンスの良さを評価されやすい。

男性が独断的に決めるよりは、確実性があるだろう。

特に、香水についてあまり詳しくない男性にオススメな方法だ。

男性よりも女性の方が香水に詳しかったり、香りに敏感なのでいい香水を選んでくれる可能性は高い。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ
あまり香水について詳しく無い男性が異性に香水をプレゼントする手助けになるような内容を提供しようと思う。

よほどのセンスがあったり、プレゼントする相手が前々からこの香水が欲しいと話していない限り、相手が気に入る香水を選ぶのは難しいことだと思う。

特に選択を誤れば相手にとって迷惑となってしまう。

よって、プレゼントに香水を用いるのであれば、相手と一緒に選ぶのがベストだ。

だが、突然のプレゼントで彼女を驚かそうと思っている方もいるかもしれない。

確かに、こちらの方が好印象を与えられるかもしれない。

そういった時には、香水売り場の店員の女性に聞くといい。

彼女らは香水の知識が豊富である場合が多く、人気で旬な香水を選んでくれる可能性が高い。

余談だがネットショップの利用について。

ネットショップはテスターなどを利用することはできないが、案外便利な面もある。

楽天のようなショップであれば、レビュー数やランキングを利用すればまったくの方向違いな物を選んでしまう可能性は少ないだろう。

また。数や種類も豊富で比較がしやすく、冷静な判断がしやすい。

勿論、プレゼント用のラッピングをしてくれるショップも少なくないだろう。

ネットショップの利用も、頭の片隅に置いておくといいだろう。
関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ

      スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。