上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連カテゴリ:スポンサー広告
Paul Smithショップ紹介ページへ
いくら高価なブランドを身に纏っていても、身だしなみやマナーをわきまえていなければ魅力的な人物とは言えない。


そこで、TPOを踏まえた身だしなみをするための注意点をいくつか述べておこうと思う。


そもそも、TPOとは何だろう?


TPOはTIME、PLACE、OBJECT(OCCASION)の略のことで、意味は「いつ、どこで、どんな場面か」ということ。


つまり、TPOをわきまえた身だしなみとは、その場その瞬間に適した身だしなみということになる。


これを無視すると、モラルの低い人と判断されて社会的な評価が下がる可能性が極めて高い。


何故なら、そのような身だしなみは公共性の高い場所、場面で回りの人々に不快感を与えたり、大事な場面での雰囲気を壊すからだ。


自分で満足する身だしなみより、社会のためになる身だしなみを心がけよう。


次回からはTPOを考える上での注意点を述べていく。
関連カテゴリ:身だしなみ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
スポンサーサイト
前回に引き続き社会で守るべきマナーや身だしなみについて述べている。


今回はTPOをわきまえる上での注意する点について述べていく。


 ・電車内で匂いの強い香水を付ける。


香水は他人にほのかに香る程度がベストだ。


自分でも香りがはっきり分かる程匂っていると他人からすると非常に強く匂っている場合がある。


特に、満員電車などでは非常に迷惑となる。


何故なら、近距離でいることを余儀なくされる上にもし嫌いな香りでも身動きが取れず離れることができないからだ。


嫌いな香りに数十分回りの人をさらしている可能性があると考えれば、香水を付けすぎることも減ると思う。


最低限、香水の香りがトップノートからミドルノートに移ってから、電車を利用するようにしよう。


続きは次回の記事にて。
関連カテゴリ:身だしなみ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
TPOを踏まえた身だしなみは非常に重要だ。


そこで、前回に引き続きTPOを踏まえた身だしなみで気をつける点を述べている。


高級レストランなどでの身だしなみという面から。


高級レストランでは基本的にジャケットを着用して利用した方がいい。


Tシャツやサンダルなどのカジュアルな服装では、存在が浮いてしまうだけでなく回りの客や店側にも迷惑をかける。


また、海外の高級レストランではカジュアルな格好では入ることもままならない場合が多いので注意しておこう。


次に招かれたパーティでの身だしなみで気をつける点について。


結婚式や披露宴などのパーティでは、派手さよりも品のいい身だしなみの方が好ましい。


何故なら、そのような場面では主役が一番目立たなければいけないからだ。


主役以上に派手な格好をして、主役の影を薄くする事は失礼に値するので頭に入れておこう。


たまにかなり派手な格好をしている人がいるが影響されないようにしたい。
関連カテゴリ:身だしなみ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ

      スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。