上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連カテゴリ:スポンサー広告
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのスーツを長く愛用するために スーツの知識、手入れなど
 
 
知らず知らずの内にポールスミスのスーツを酷使し過ぎて、スーツの魅力を失わないように、知識を蓄えて置く方がいい。
 
 
・スーツを着用する際は
 
 
スーツを毎日使用する方も多いと思う。
 
 
しかし、スーツを休める時間も必要であり、毎日の着用はおすすめできない。
 
 
よって、似たようなスーツでもよいので、いくつかスーツを揃えておくといいだろう。
 
 
3種類揃えたのであれば、毎日違うスーツを着るようにする。
 
 
そうする事で、結果的には出費を少なくすることができる。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
スポンサーサイト
ポールスミスのスーツを長く愛用するために スーツの知識、手入れなど  その2
 
 
スーツを何種類か揃えただけでなく、長持ちさせる為に他にもするべき様々な手入れがある。
 
 
・毎日のブラッシング
 
カバンと同じように、スーツも埃をとることにより、質の劣化を遅らせることができる。
 
 
カバンは柔らかい布などで拭いたが、スーツの場合はブラッシングすることで埃をとる。
 
 
なるべくは、家に帰ったらすぐブラッシングを始めるのが好ましい。
 
 
ブラッシングする際には、まずポケットの中身を出す。
 
 
あまり重量のあるものを入れっぱなしにしておくと、スーツの型崩れを引き起こす可能性がある。
 
 
その後、スーツをハンガーにかけ、布目に沿ってブラッシングする。
 
 
縫い目など、埃が溜まりやすい箇所は丁寧にブラッシングするといい。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのスーツを長く愛用するために スーツの知識、手入れなど その3
 
 
・汗などのトラブル対策
 
汗臭いスーツでは、折角上質のスーツを使用していても台無しになってしまう。
 
 
気をつけて汗を染み込むのを予防する事が大事だが、やむを得ず汗をかいてしまった際には、以下の方法を使うのも一手だ。
 
 
スーツの裏地に乾いたタオルを当てながら、水で濡らした布で表からたたき、汗を裏地にあてているタオルへ吸わせる。
 
 
その後、霧吹きなどで水を軽く吹きかけ、匂いを薄める。
 
 
そして乾いた布で水気をとり、風通しのよいところで影干しする。(直射日光にあてて乾燥させないように。)
 
 
霧吹きを使う際に、水の代わり香水などを吹きかけてもいいだろう。
 
 
ファブリーズのようなものも販売されているが、私はあまり好きではない。
 
 
香水の方が素敵ではないだろうか?(笑)
 
 
女性から好印象を得るのであれば、香水を用意しておきたい。
 
 
普段から使っている香水があればいいが、持っていない方はこれを機会に購入してもいいかもしれない。
 
 
ポールスミスの香水も、メンズ用があるので一つ頭の片隅に置いておいていただきたい。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのスーツを着こなす為のネクタイの綺麗な結び方
 
 
ポールスミスなどのスーツを着こなすためにも、綺麗にネクタイを結べるようにしておきたい。
 
 
綺麗なネクタイの結び方であるための条件はだいたい以下の3点だ。
 
 
・ネクタイが左右対称。まっすぐで曲がっていない。
・逆三角形の結び目の形が綺麗。
・結び目の下に窪み(ディンプルという)がある。
 
 
さらに、ワイシャツの襟によって結び方を変えることも大事。
 
 
襟の開きが大きければ逆三角形が大きくなるようにし、逆に小さければ逆三角形も小さくする。
 
 
つまり、シャツの襟の大きさとネクタイの逆三角形の大きさのバランスが大事ということだ。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのスーツを着こなす為に肌着を着る。
 
 
タイトルを見て驚いたり、あきれた方もいらっしゃるかもしれない。
 
 
しかし、意外と肌着は重要なファクターなのだ。
 
 
肌着は他人の前でさらす事は滅多に無い。
 
 
なので、肌着をこだわらずに配偶者が買ってきた物を使っているという方や、肌着を使っていないという方も多いのではないだろうか。
 
 
しかし、お洒落な男性を目指しているのであれば、人から見えない部分にも、こだわりたい。
 
 
また、肌着は快適に生活を送るためにも重要だ。
 
 
続きは次回に記事へ
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのスーツを着こなす為に肌着を着る 2
 
 
前記事の続きとなっている。
 
 
何故肌着を付けることが重要なのか説明しよう。
 
 
いくつか理由があるが、まず一つ目は体臭を減らすためだ。
 
 
魅力的な男性を目指すのであれば、勿論体臭対策もしなければならない。
 
 
肌着は体臭対策に効果的だ。
 
 
体臭の原因は汗によるものが多い。
 
 
汗は早めに処理することが大事だ。


しかし、なかなか背中などの汗は人前では処理しにくい。


そこで、肌着を着ていれば、背中やわきから出た汗を吸収して、体臭を減らす事ができる。


次回の記事へ続く。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのスーツを着こなす為に肌着を着る 3


前回からの続きとなる。


何故ポールスミスなどのスーツを着こなす時肌着が重要なのか、その説明の続きだ。


・シャツが汗で肌にくっつくことを防ぐ


このような人を見かけたことがあるだろう。


見ていて気持ちの良いものでは無い事はわかりきった事だと思う。


このような男性から清潔感を感じることは難しい。


どんなに質の良いスーツも台無しになってしまう。


また、スーツが汗を吸うのも良くない。


次回へ続く。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのスーツを着こなす為に肌着を着る 4
 
 
前回からの続きとなる。
 
 
・暑さにも寒さにも対応できる。


暑い時には肌着を敬遠しがちだが、前の記事で述べたように肌着は汗の吸収に優れているので、快適さを保ってくれる。


また、最近では保温性に優れたものも販売されている。


肌着はウォームビズにもってこいのアイテムだ。


このように肌着は季節を問わず使うことができる。


是非、スーツを使う際には、積極的に活用したい。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのスーツを着こなす為に肌着を着る 5


前回からの続きとなる。今回からは実際に肌着の着こなし方を述べていく。


肌着の選び方の基準はいくつかあるが、まずノープリントの肌着を選ぼう。


何故ならば、ワイシャツで過ごしている際にプリントが透けてしまっている場合があるからだ。


ビジネスマンとしてこれをしてしまうと痛い。


バックプリントなどで背中にプリントが透けていた場合、一日中、もしかしたら仕事が終わった後も気付かないかもしれない。


是非、肌着は無地の物を選ぼう。


次回へ続く。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのスーツを着こなす為に肌着を着る 6


前回の記事の続きとなる。


前回述べたことだけでなく、肌着の色にも気を使うようにしたい。


最近は男性肌着売り場に様々な色の肌着が売られている。


だが、適当に決めてしまうのはお勧めできない。


基本的には、ワイシャツと同じ色の肌着を選ぶ。


これは、ワイシャツを着ている際に肌着のプリントが透けてしまう事と同じ理由だ。


ワイシャツと別の色を選ぶと、非常に肌着が目立ってしまう場合がある。


肌着は、あくまで目立たせないことが大事だ。


色も、ワイシャツと同じにして目立たなくするべき。


白いワイシャツには白い肌着、青や灰色などのワイシャツであればそれと同じ色か、同系色かつワイシャツよりも薄い色の肌着を使おう。


次回へ続く。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのスーツを着こなす為に肌着を着る 7


前回からの記事の続きとなる。


肌着を着こなすには、とにかく見せないように着用することが大事。


ビジネスマンとしてこれはルールとも言える。


ネクタイを外して、第一ボタンを外してワイシャツを着るときなどは、Vネックの肌着などを着て見えないようにする。


逆に寒い日などで襟元を閉じてワイシャツを着る際には、丸首の肌着を着る。


半袖のシャツを着る際には、タンクトップやランニングシャツの肌着にする。


ポロシャツも汗の吸収力が強いので、肌着として場合に応じて利用するといい。


以上で、[ポールスミスのスーツを着こなす為に肌着を着る]は終りとなる。


肌着の重要性を少しでも理解していただけたら幸いだ。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
スーツのトレンド|ポールスミスなどのスーツを選ぶ際の基準として


最近のスーツのトレンドについて述べていこうと思う。


ポールスミスなどのスーツを買う際に参考として利用してもいいかもしれない。


スーツにも実はトレンドがある。急激に変わることは無いので、去年買ったスーツが今年は着れなくなるといったことはない。


しかし、毎シーズン刻々とスーツのトレンドが変化しているのも事実だ。


是非、以下のことを頭の片隅に置いてもらいたい。


まずはボタンについてだ。


ここ数年、ボタンが三つのシングルブレストスーツが流行した。


なので、手持ちのスーツが三つボタンのスーツの方もいらっしゃるのではないだろうか。


しかし、最近はシングルブレストの二つボタンスーツが勢いを増している。


二つボタンといえばウエストラインにゆとりを持たせているものが定番。


しかし、最近のトレンドとして二つボタンは丁度よくフィットしたものがおすすめ。


ゆったり過ぎず、きつ過ぎずの二つボタンを選びたい。


次回へ続く。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
スーツのトレンド|ポールスミスなどのスーツを選ぶ際の基準として 2


前回からの続きとなる。スーツのトレンドについて述べている。


ポールスミスだけでなく他のスーツを購入する際にも参考にしていただきたい。


スーツのシルエットだけでなく、素材や柄も大事だ。


昨年に引き続き、今年もストライプ柄が注目されている。


単にストライプ柄といっても様々な種類がある。


一番細いピンストライプ、鉛筆でなぞった程度の線がペンシルストライプ、そしてチョークでなぞったような線がチョークストライプだ。


太さの異なるストライプを混ぜた大胆なデザインのものが今年のトレンドのようだ。


また、古典的なデザインのスーツも流行ってきている。


例えば、フランネル、コーデュロイなどのスーツや、チェック柄、ペーズリー柄などが注目されている。


これらのクラシックなスーツも見逃せない。


次回へ続く。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
スーツのトレンド|ポールスミスなどのスーツを選ぶ際の基準として 3


前回からの続きとなっている。スーツのトレンドについて述べている。


ポールスミスだけでなく、スーツを買う際の基準として利用していただきたい。


今回は今期注目のカラーについてだ。


一番注目のカラーはグレーだ。


グレーの中でも、明るいストーングレー(その名の通り石のよう灰色)が特に旬なようだ。


他には、サンドカラー、モスグリーンなど自然に由来している色も今期のトレンドになっているようだ。


スーツ以外では、ライラック、オレンジなどの鮮やかなカラーが多い。


これらの色のラインを持つワイシャツ、ネクタイなどを取り入れるといいだろう。


特に、ライラックのネクタイなどはかなりお洒落に見えるのでおすすめだ。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
スーツを選ぶ際に重要なファクターとは何だろうか。


デザイン、機能性などで選んでいらっしゃる方もいるかもしれない。


しかし、忘れてはいけないのがスーツのサイジングだ。


サイジングを正しく行うだけで、スーツを着たときの印象は大分変わる。


大き過ぎず、小さ過ぎないフィットするサイズのスーツを選ぶことが大事だ。


そこで、簡単にできるスーツのサイジングの方法を提供しよう。


まずはジャケットの肩の部分から。


ジャケットのボタンを留め、片方の腕を真っ直ぐ自然な状態にし、もう片方の腕で肩パッドの部分を人差し指と親指でつかんでみよう。


もしも、人差し指の第一関節の部分以上につかめるのであれば、それはスーツの肩の部分が大きいことを示している。


逆に、両腕を真っ直ぐ下ろした自然な状態で腕が肩以上に盛り上がっていれば、スーツの肩の部分が小さいということになる。



次回もサイジングについて述べる予定だ。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
スーツを買う際に忘れてはいけないサイジング。


そこで、前回に引き続き簡単なスーツのサイジング方法について提供するつもりだ。


今回はスーツの幅について。


スーツの幅のサイズについて調べるには、まずボタンを留めてから両腕を真っ直ぐ下ろして自然な状態にしていただきたい。


その際に、ボタンの部分が左右に引っ張られているような感覚を感じたら、スーツの幅が足りていないことになる。


さらに詳しく調べるには、スーツのVゾーンにこぶしを入れてみる。


こぶし一つ分がちょうど収まる程度であれば丁度良いサイズと言える。


2つ以上入るのであれば、幅がありすぎだろう。


次に袖の長さについて。


袖が長いとスーツが大きく見え、短いと小さく見える。


ちょうどよい長さを選びたい。


ちょうどいい長さは手首が隠れて親指は出ている程度。


許容範囲としては手首の骨の出っ張っている部分よりも長く、親指の第一関節よりも短い長さ。


この間に収まるようにしたい。


なお、シャツはジャケットから1cm~1,5cm程出ているくらいが見栄えがいい。


これで大体ジャケットのサイジングは終りだ。


次回はパンツのサイジングについて。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
スーツを選ぶ際に忘れてはいけないサイジング。


前回まででジャケットのサイジングを終わらせたので、今回からはパンツのサイジングについて述べていこうと思う。


パンツもジャケットと同じく、小さ過ぎても大き過ぎても似合わない。


ちょうどフィットするサイズのものを選ぼう。


パンツのサイジングでチェックする点はウエスト、太もも、丈の3点。


まずはウエストについてだ。


男性のウエストは腰骨に引っかかる部分を示す。


余談だが、それ以上の位置で履くとかっこ悪く見えるので気をつけよう。


ウエストの位置にパンツを合わせ、ベルトをしてみよう。


ベルトをしてみて、パンツの生地がしわになるようであれば、そのパンツはウエストが大きいと言うことになる。


きついと感じれば、ウエストが小さいと思っていいだろう。


なお、ベルトはいくつか穴があるが、実際に通す穴は真ん中だ。


このことも覚えておいて、ベルトのサイズも考えて購入しよう。


次回はパンツの太ももの部分のサイジングについて。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
スーツを選ぶ際に忘れてはいけないサイジング。


よって前回に引き続き簡単なスーツのサイジング方法について述べている。


今回はパンツの太ももの部分のサイジングから。


パンツを履いてみて、もしもセンタープレス消えるくらいキツイのであればサイズがあっていない。


そのような場合はサイズを大きくするかツータックのパンツに切り替えよう。


逆に、足が細くて生地が余るようであれば、店員に頼んで直してもらおう。


店員が信用できなければお直し屋を利用するのもおすすめだ。


次に、パンツの丈について。


まずはウエストの位置を間違えないようにしたい。


ウエストの位置の基本は腰骨に引っかかる部分。


あまり高すぎてもかっこ良くない。


さらに、パンツの長さはパンツの太さも考慮して決めるようにしよう。


基本はパンツが太ければ長くし、細ければ短くするということ。


ただし、長くしすぎて地面に擦らないように気をつけよう。


最近は細めのパンツが人気なので、そのような場合は短めにする。


細めのパンツはビシッとした印象を与えるのでおすすめだ。


ただ、細すぎはかっこ悪いので注意しよう。


また、ブーツカットのパンツは丈を長くして靴が結構隠れるようにすると、足が長く見えるのでこれもおすすめだ。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
物には寿命が付きもので、スーツもその例外ではない。

手入れをしていてもやはり定期的に新しいスーツを購入する必要がある。

だが、安くはない買い物なので、なかなか手放しづらいものだと思う。

そこで、どの程度まで使い込んだら買い換えるべきなのか述べておこうと思う。

スーツは、先にパンツが駄目になりがち。

パンツは結構くたびれてくるのが早いものだ。

ジャケットの方はパンツよりは長く持つ。

そこで、ジャケットはそのまま、パンツだけ替えようと思う方もいらっしゃるかもしれないが、ジャケットとバランスの合うパンツを見つけるのは至難のワザ。

よって、勿体ない気がするかもしれないがパンツが駄目になってきたらスーツ一式を買い換えるようにしよう。

なお、古くなったスーツはタンスにしまっておいても使い道が無いので潔く処分してしまおう。

パンツが駄目になってきたと感じる時期は、以下の項目を基準にしていただきたい。

 ・痩せた、もしくは太ったりしてサイズが合わなくなった。
 ・生地がへたってきた。
 ・汗ジミができている。もしくは取れない汚れがある。
 ・その他、上記に似たような事柄がある場合。

次回はシャツの買い替え時期を考える。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
スーツ、シャツにも適した買い替え時期というものがある。

そこで、前回からスーツとシャツの買い替え時期について述べている。

今回は、シャツの買い替え時期について。


シャツは、肌に接する機会の多いものなので、襟や袖が汚れたりほつれてきがちなもの。

消耗品と考えて構わない。

生地にハリが感じられなくなっていたり、食事などで付いた汚れなどがあれば買い換える必要があると言える。

判断の基準は、肌に近いものなので感覚でも判断することができる。

例えば、付け心地が悪くなった、なんか着ていて気持ち悪いなどと感じたら買い替えてもいい。

また、流行が去り殆ど着ることの無くなったシャツもあるだろう。

もう着なそうであればそれらも潔く処分してしまおう。

ついでに、ネクタイについても。

Vゾーンを飾る目立つものなので、シミなどの汚れがあるものは勿論、ネクタイの先が綻びていたりしているものがあれば、処分して新しいものに替えた方がいいだろう。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
ここ数年で一気に認知されたクールビズ・シャツと形態安定シャツ。

涼しむだけでなく、クールビズ&形態安定シャツで手間を省きながらセンスの良さをアピールしたい。

まずはクールビズの基本的な知識について。

ご存知だと思うがクールビズとは地球温暖化対策の一環で、ジャケットとネクタイを外してその分冷房によるエネルギーを減らす目的のものだ。

既にデパート等ではクールビズの文字を見ない店はほぼ無いと言える。

クールビズ対応のシャツだけでなく、スーツや下着まで販売されている。

それでは、クールビズのシャツは今までのシャツとどこが違うのだろうか。

大きな違いは、襟が綺麗に立つという点と、ウエストが少し絞ってある点のようだ。


クールビズが主流になるにつれ、シャツの管理が重要となる。

今までシャツはジャケットの下に隠れることも多かったが、クールビズではシャツがビジネススタイルの主体となる。

適当に選んで買うのではなく、これからはシャツにも気を配りたい。

もっとも気を配るべきことは、シワ対策だ。

シャツは綿製品なので着ているとどうしてもシワが付いてきてしまう。

そこで、アイロンがけなどが重要となるわけだが…


次回の記事へ続く。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
前回、クールビズによりシャツの手入れが重要になってくるということを述べた。

そこでアイロンがけなどが必要となってくる。

しかし、詳しくアイロンがけの知識を知っている男性は少ないのではないだろうか。

そこで、少しアイロンがけについて書いておこうと思う。

まずはアイロンがけの順序から。

アイロンは面積の小さい場所から大きい場所へ順々に進めていくのが基本。

つまり襟、袖などが終わったら、腕、前部、後部…と進めていく。

アイロンをかける時に使う台は、船型の方が使いやすい。

アイロンがけをしている時間が無い、という方もいらっしゃるだろう。

そのような方は無理をせずにクリーニングを利用しよう。

シャツをまとめて出すと割引してくれる店など、店舗によってお得なサービスもあるので、利用してもいいだろう。

また、最近はアイロンがけが不要なシャツも販売されている。

そのことについては、次回の記事にて。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ
クールビズが本格化するにつれて、シャツが軽視しにくい存在になってきていること、さらにアイロンがけ、クリーニングの重要性などを前回の記事で述べた。

今回はアイロンがけが不要な形態安定シャツの詳細についてだ。

最近、形態安定シャツの人気が高くなっている。

特徴は、その名の通り形態を安定させる糊が使われていて、アイロンがけをする必要が無い、というもの。

忙しいビジネスマンだという方は、是非取り入れたいアイテムだ。

しかし、正しい知識を持っていないと、形態安定効果が無くなってしまう場合がある。

まずは、洗濯する際について。

洗濯するときはネットに入れて洗うようにしよう。

これはネットに入れないと他の洗濯物とからんでしまって、シワになってしまう可能性があるからだ。

また、できる限り脱水も控えた方がいい。

脱水は大体30秒程度の短期間で済ませ、かなり濡れた状態で干した方がいい。

干す際にはシワががあれば軽くひっぱたり叩いたりしてシワを伸ばしておこう。

ハンガーも大きめなものを使ったほうが綺麗に仕上がる。

次にアイロンがけの時について。

アイロンがけが必要無いといってもシワができてしまうときもあるだろう。

そのような場合は低温でかけるようにしよう。

特に、襟はかけない方がいい。

形態安定シャツに使われている糊は高温に弱いために、普通にアイロンを掛けていると形態安定効果が無くなる可能性がある。
関連カテゴリ:スーツ ポールスミス
Paul Smithショップ紹介ページへ

      スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。