上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連カテゴリ:スポンサー広告
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミス ビジネスのための身だしなみ 1
 
 
ビジネスで欧米等の外国との交渉を円滑に運ぶために、身だしなみは重要なファクターとなる。
 
 
欧米は日本と違い、個人主義が主流だ。そこで、欧米人は交渉相手がどのような人物か判断するためにこちらの様々な部分を見ているようだ。
 
 
よって、初対面の印象が悪くては、交渉が有利に進まないかもしれない。
 
 
例えば、あなたが安物のスーツを身にまとっていたら、欧米人はあなたをケチな男と判断するかもしれない。
 
 
そして、ケチと交渉してもいい結果は得られないだろうと思われてしまうかもしれない。
 
 
逆に、あなたが質の高いスーツに身をまとって現れれば、儲かっている=手腕のいい人物=こちらにも有益な結果を残してくれるかもしれないといったような事を思うかもしれない。
 
 
どちらがビジネスマンとして有益か、一目瞭然だろう。
 
 
是非、派手でなくとも質の高いスーツなどを使った身だしなみを心がけたい。
関連カテゴリ:ポールスミス|ビジネス関係
Paul Smithショップ紹介ページへ
スポンサーサイト
ポールスミス ビジネスのための身だしなみ 2
 
 
ビジネスマンの身だしなみが重要な理由は前の記事で述べた。
 
 
質の高いスーツとして、ポールスミスの購入を考えてもいいだろう。
 
 
しかし、質の良いスーツを手元においておくだけでなく、ボールペン、手帳などの小物にも気を使いたい。
 
 
ビジネスで交渉する際に、メモが必要でボールペンや手帳、メモ等を使う機会があるかもしれない。
 
 
その際、交渉相手に先入観を与えないためにも、相手の目に留まる物は質の良い物を使っておく方がいいだろう。
 
 
日本人の観念で、欧米人との交渉に望むべきではないだろう。
 
 
日本では身だしなみをそこまで大げさに考えなくても何とかなるかもしれない。
 
 
しかし場合によっては欧米で通用しないかもしれない。
 
 
ボールペンなどがいい例だ。意外と欧米人はそれらの小物であなたの人柄をチェックしているかもしれない。
 
 
ポールスミスでも質の良いボールペン等が手に入るので、ポールスミスを利用してもいい。
関連カテゴリ:ポールスミス|ビジネス関係
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミス ビジネスのための身だしなみ 3
 
 
前回はビジネス交渉の際の小物の重要性を説いた。
 
 
今回は具体的にどのような小物を選べばよいのかを述べていこうと思う。
 
 
まずはボールペンだ。
 
 
ボールペンはメモやサイン等、使う機会は多い。デキル男をアピールするために、ボールペンにはこだわっておきたい。
 
 
ボールペンは、シックだが、高級感を晒しだしているものがお勧め。
 
 
派手でなくても構わない。だが、高級感は大事なファクターだ。
 
 
ポールスミスを利用してもいい。
 
 
次に手帳についてだ。
 
 
手帳もレザー製品がおすすめ。レザーの質感が高級感を醸し出せる。
 
 
また、丈夫で長く愛用できる点も魅力。コードバン製品など、是非手帳もこだわりたい。
 
 
他にも、手帳入れなど相手の目に付くものは心を掛けておいたほうがいい。
関連カテゴリ:ポールスミス|ビジネス関係
Paul Smithショップ紹介ページへ

      スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。