上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連カテゴリ:スポンサー広告
Paul Smithショップ紹介ページへ
1977年、この年は記念すべきポールスミスが初めて自分のコレクションのショーを開いた年でもある。
 
 
ショーといっても、当時の彼は資金の余裕が無かった。豪華とはお世辞にもいえない内容だった。
 
 
デザイナーのキース・バーティとアラン・クリーバーが所有していたパリのアパートの一室を借り、そこがショーの会場となった。
 
 
モデルは友人やポーリーン達が引き受けた。
 
 
椅子は近所から借りてきた。
 
 
ドリンクはスーパーのシャンパン。グラスも借り物だった。
 
 
自宅からはステレオを持参してきて、それで音楽を流した。
 
 
現在のポールスミスとは比べ物にならない程安上がりなショーだった。
 
 
しかしチープさを微塵も感じないほど、ショーは好感触を掴むことができた。さらに翌年からは毎年パリで展示会を開ける程成長していった。だんだんと現在のポールスミスに近づいていったのだ。
 
 
[ポールスミス] 続きは次回の記事にて。
スポンサーサイト

関連カテゴリ:ポールスミスの歴史
Paul Smithショップ紹介ページへ

      スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。