上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連カテゴリ:スポンサー広告
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスのバッグを長く使うための、トラブル対処方法
 
 
・水や雨により濡れてしまった
レザーが濡れると、変形しやすい。
 
 
乾燥させる際に、形が変わってしまわないように気をつけなければならない。
 
 
また、レザーは湿っている際に直射日光にあたると駄目になってしまう可能性がある。乾燥させる際には水分をふき取ってから日影で乾かすのがいい。
 
 
・傷が付いてしまった
レザーに付いた傷浅ければ、乳化性のクリームを使えば修復ができる可能性は高い。
 
 
オイルを含むレザーであれば、布で円を描く感じですると、自然な感じになりやすい。
 
 
・カビが生えてしまった
カビの進行が進んでいる場合は、修復が難しい。
 
 
高温・多湿の場所に放置したり、汚れをこまめにとるようにしてカビを予防するのがベスト。
スポンサーサイト

関連カテゴリ:ポールスミスバッグ、バッグの手入れの方法など
Paul Smithショップ紹介ページへ

      スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。