上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連カテゴリ:スポンサー広告
Paul Smithショップ紹介ページへ
ポールスミスの歴史1へポールスミスの歴史6へ
 
ショップ「ポール・スミス・ショップ」を開き、デザイン等の勉強を仕事の中で身に付けていったポールスミス。
 
 
この辺りから彼は自らデザインも手がけるようになった。
 
 
この時がブランド「ポール・スミス」の出発点ともいえるかもしれない。
 
 
彼のデザインの、伝統的なスタイルと、流行の先端であるストリートの感覚をうまく融合させたメンズファッションが話題となる。また、彼の仕事ぶりも、ロンドンのファッション界で注目される程になっていた。
 
 
そんな中、ブラウンズ社が彼に注目し、オファーをかけた。彼はブラウンズ社の専属コーディネーター兼デザイナーとなった。
 
 
ポールスミスはここでショップ経営を続けながら、ブラウンズ社のブランドデザインなどを手掛け、同社の発展に大きく貢献した。勿論彼の評判がさらに増したことは言うまでもない。
 
 
評判が高くなるにつれ、彼のショップの売り上げも高くなり、月曜から金曜までフル稼働しなければならない程になっていた。
 
 
そこで彼は新たな行動を起こし始める。
 
 
ポールスミスの歴史8へ
スポンサーサイト

関連カテゴリ:ポールスミスの歴史
Paul Smithショップ紹介ページへ

      スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。