FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連カテゴリ:スポンサー広告
Paul Smithショップ紹介ページへ
前回に引き続き、香水の基礎的な知識について提供していこうと思う。


香水の香りの系統についてだ。


まずはオリエンタル系の香りについて、述べていく。


オリエンタル系は東洋的で神秘的な香りだ。


以下の2種類に分類される。


a オリエンタルアンバリー


香水の中でもっとも濃厚と言われる系統。


アンバーやバニラ等の濃厚な香りを漂わせる。


ゲランの「ジッキー」「シャリマー」などがこれにあたる。


b オリエンタルスパイシー


オリエンタル系の中でも、スパイシーな香辛料のような香りを持っている系統。


イヴサンローランのオピウムや、シャネルのココ等が代表的。


次に、シプレ系統についてだ。


シプレ系の名前は、コティ社のシプレという香水をによる。


上品で、フォーマルな香りが特徴的。


シプレ系は、さらに以下の3種類に分類される。


a シプレフルーティ


濃厚かつエネルギッシュな香り。フローラルフルーティとは大分違った香りだ。


有名な香水としてイヴサンローランのイグレック、ジバンシーのトロワなど。


b シプレフローラル アニマリック


シプレ系のなかのフローラルを中心とした系統。カボシャールはこの系統になる。


c シプレフレッシュ


シプレ系統の香水の香りの中でも、濃さが薄めでな系統。


若々しさを感じさせる。シプレ系のなかでもっともクラシックな香りといえる。


次回は、男性用の香水の系統について述べていく予定だ。
スポンサーサイト

関連カテゴリ:香水の知識、ポールスミスの香水など
Paul Smithショップ紹介ページへ

      スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。